ホーム>福祉資金の貸付制度

福祉資金の貸付制度

流山市社会福祉協議会では、以下の貸付及び相談業務を行っています。

生活福祉資金(千葉県社会福祉協議会の制度)

千葉県社会福祉協議会では他からの融資の受けられない所得の比較的少ない世帯、家族の中に日常生活において介護が必要な高齢者(65歳以上)や身体障害者(身体障害者手帳所持)、知的障害者(療育手帳所持)、精神障害者(精神障害者保健福祉手帳所持)のいる世帯の、自立と安定に役立ててる制度として、『生活福祉資金』の貸付があります。
この貸付は資金の使途に応じ、「総合支援資金」(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)、「福祉資金」、「教育支援資金」、「不動産担保型生活資金」の4種類があります。
流山市社会福祉協議会は、この制度の窓口となり運営しています。資金の貸付は地域の民生委員と社協が一体となって、借受世帯の自立と安定に向けて支援を行います。(この制度の詳細は下記のリンク先をご覧ください。)

*他制度を利用できる場合は、そちらが優先となります。
(母子父子寡婦福祉資金・日本政策金融公庫教育ローン・日本学生支援機構の奨学金等)
生活福祉資金  (千葉県社会福祉協議会)

臨時特例つなぎ資金(千葉県社会福祉協議会の制度)

住居のない離職者が、離職者を支援するための公的給付(雇用保険の失業給付など)、又は公的制貸付制度を申請している場合で、その給付または貸付けが実施されるまでの間の、生活費がない場合に貸し付ける資金(限度額10万円)です。
 流山市社会福祉協議会はこの制度の窓口となり、資金の貸付相談と必要な助言指導を行ないます。(この制度の詳細は下記のリンク先をご覧ください。)

臨時特例つなぎ資金  (千葉県社会福祉協議会)

愛の資金

市内に6ヶ月以上居住し、一時的な生活困窮等で緊急的に援護の必要な世帯等に対し貸付を行います。

関連リンク

暮らしや仕事のことでお困りの方は・・・生活困窮者自立支援事業

流山市くらしサポートセンターユーネット(流山市委託事業)



Copyright (C) 流山市社会福祉協議会