ホーム>共同募金

募金活動

募金活動

流山市社会福祉協議会は次の募金活動の事務局を担当しています。
募金のご協力者(個人・団体・法人)と募金金額は、『ながれやま福祉だより』に毎年、報告させていただいています。

募金額 (平成27年度)

募金額内訳 (平成27年度)






共同募金活動

共同募金運動は、地域住民一人ひとりのたすけあいの精神、社会福祉に対する理解や参加意識を高めるとともに、民間社会福祉事業の向上に必要な費用をまかなうために、各都道府県共同募金会(民間の社会福祉法人)が中心となってすすめている募金運動で、社会福祉法をよりどころとしています。
運動期間は、厚生労働大臣の告示によって、10月1日から12月31日までの3ヶ月間です。なお、12月は歳末たすけあい募金も一緒に募金運動を展開します。
流山市社協では、千葉県共同募金会の流山市支会の事務局として、各自治会の社協協力員、民生委員・児童委員、ボランティアのみなさんのご協力を得て、共同募金の運動を展開しています。

共同募金しくみ

赤い羽根募金(一般募金)

赤い羽根

流山市において「赤い羽根募金」は自治会等にご協力いただき、各ご家庭から寄せられる「戸別募金」、市内で営業している法人・事業所・商店等にご協力いただく「法人募金」、事業所で働いている皆さんからお預かりする「職域募金」、子どもたちに福祉への理解と心を育むための「学校募金」、運動スタートの広報活動を兼ねて駅頭や店頭で行う「街頭募金」、スーパー等のカウンターに募金箱を設置して呼びかける「窓口募金」、の6種の募金活動を展開しています。
「地域住民ひとりひとりがたすけあい、参加する」共同募金運動の主旨に基づき、福祉に参加する機会として多くの方々にご協力いただけるように、募金のメニューをご用意しています。
お預かりした浄財は、千葉県共同募金会で県内全域の募金を取りまとめ、福祉施設・団体からの配分申請を精査し、利用者のための設備充実や、団体の事業運営の推進のために、また、市町村社会福祉協議会の地域福祉活動費として活用されます。

赤い羽根共同募金について(中央共同募金会)

歳末たすけあい募金

歳末たすけあい募金は、共同募金運動の一環として、地域住民や民生委員・児童委員、社会福祉施設等の関係機関・団体の協力のもと、新たな年を迎える時期に支援を必要とする世帯、小規模福祉作業所等への援護や地域福祉活動の推進・強化に役立てられます。
募金運動を共同募金会が行い(戸別募金・職域募金・指定寄付金の取扱)、配分の決定を配分委員会で行い、民生委員・児童委員等の協力で助成を行います。




Copyright (C) 流山市社会福祉協議会